平成31年4月の活動

平成31年4月30日 伊佐津さゆりさんコンサート@市民芸術館

 伊佐津さんのコンサートに行ってきました。3枚目のアルバムで、私が好きなWater Gateという曲が入っていました。しかし、やはりライブはいいですね!メンバーも随時変わり、仲よさそうなところもまたいいですね。

平成31年4月18日~ ベトナム・技能実習生送出し機関訪問

 打ち合わせで、ベトナム・ハノイの送出し機関を訪問しました。会長は相変わらずお元気でした。日本語教育の状況などをお伺いし、今後の見通しを話し合いました。10月には、待望の介護技能実習生が日本に入国できる見通しではないか、とのことですが…。中国・上海へ行ったり、台湾へ行ったりと、あちこちへあてもなく行っていたときが懐かしくなります。私も年をとり、社長も変わり、新たな推進力も生まれ、法律が変わり、いよいよ、となったら待たされるなど、8年間でいろいろな紆余曲折がありました。

 今回、はじめて食べたブンチャー、とても美味しかったです。私はパクチーは全く問題ないので、ベトナムの食事はとても合いますし、美味しくいただけます。ブンチャー、日本でも食べられるところがありますかね?

平成31年4月2日~

韓国・国連人権規約個人通報制度・国内人権機関視察

 韓国の視察で、憲法裁判所、国家人権委員会、弁護士の団体やNGO、ソウル大学を訪問しました。日弁連のシンポジウム委員会の先生方は皆さん真面目ですが、夜の飲み会は楽しく過ごさせていただきました。焼肉も日本とは違い、赤身の肉でとてもやわらかく、マッコリもいろんな味がありました。30回以上来ている、という先生もおられました。

  ソウル大学の構内

  韓国・憲法裁判所の外観とエントランス

同行した、現地で働く弁護士の先生が、飲み会の後で、従軍慰安婦像に案内してくれました。日本大使館に向かって座っています。となりのテントでは、この像を守るために、大学生が寝泊まりをしているそうです。また、近くに一人、警察官が立っていました。この像を立てたから、韓国はけしからんのか、また、お金を払えばそれでいいのか…ベルリンでは今も、ホロコーストの反省を町全体で表現している中で、日本国内、あるいは東京はそういう負の歴史を感じることも少なく、むしろ靖国神社では反省と言うよりは礎を強調するような印象もあり…過去のことは切り離すことはできないものの、政権の道具として攻撃の材料にされるのもなんだか妙なもので…日本にも東京大空襲、原爆投下など、民間人が大量に犠牲になったことがありましたが…などなどと、ずいぶん複雑な気持ちになります。過去にそのような痛ましいことがあった、しかしそれを乗り越えよう、という前向きの気持ちになれればいいのですが。

 観光はほとんどできませんでしたが、またの機会に来られればと思います。とても近く、美味しいものが多い印象でした。

 NGOの女性書記長が、大統領は日本を攻撃することを言うが、本当に私達がやらなければいけないことは、隣国同士協力をしあいながら、お互いの国の人権保障を高めていくことだ、とおっしゃっていました。韓国に限らず、つまらないナショナリズムをあおる発言が昔と同じように存在し主張されますが、これが現実なのだなあと思いつつ、このように立派な方に出会うと感激してしまいます。

韓国の弁護士バッジも天秤です。

  赤身の牛肉が柔らかくて美味しい!


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square